オール電化マンションで結果的に節電生活

都内に一人暮らししています。一人暮らしを始めて2年目の真冬の光熱費はだいたい8,000円です。安いのか高いのか、比べたことがないのでわかりませんが、料理をまだ本格的に始めていないため、光熱水費は抑えられているように思っています。食費はその分……。
光熱費7
内訳は電気代が約5,000円、上下水道が約3,000円です。オール電化のマンションのため、ガス代はかかりません。
大家さんの意向らしく、マンションが三棟ありますが、すべてオール電化のようです。オール電化が決め手になったわけではありませんが、ガスか電気どちらかにまとめてしまえると基本料金が二重にかからないという点で、節約になると聞いたことがあります。もし選択が可能であれば、そのような部屋探しをするのもおすすめです。
また、これも大家さんもはからいのようですが、夜間(たしか21時から翌朝6時)の電気料金が安くなるというプランのようです。自分の生活スタイルに合わせたプランを選ようなので、電気会社に問い合わせてみるのも賢いと思います。

 

また、名前がわからないのですが、部屋にお湯を貯めておくタンクがあり、夜間にそのタンクにお湯を貯めておくようになっています。料金の安い夜間電力を利用し、夜中にタンクに水を貯めて温めておくというシステムのようです。
ただし、そのタンク内のお湯をすべて使ってしまうと翌日までお湯が出ない事態になるので気を付けるよう言われました。一人暮らしのため、まだその事態にも陥らず、お風呂に入ってもタンクのメーター三分の一減るくらいです。ちょっと不安に感じることもありますが、節水にもなるのでいいのかと思います。とくに冬場はちょっとした洗い物などでもお湯を使ってしまいますが、お湯が出なくなるのは困るので、かなりぬるめのお湯を使うように心がけたり、なるべくお湯を使わないようになっています。ビックリ!!電気代が掛り過ぎ!業者さんの説明で毎月3千円減目標です。

 

そのような事情もありますが、今は収入を増やすことが難しいため、光熱水費を抑えるために節電や節水をしています。
ひとりなので自然と暖房や電気ストーブも使わないようになっていますが、朝晩の最低限の時間は使用しますし、今はまだテレビやパソコンがないことも抑えられている要因かもしれません。
楽しみはお風呂なので毎日入っていますが、湯量は浴槽の半分以下で長めに入っています。追い炊きの機能がついていないため、残り湯は洗濯に利用しています。
今後、テレビなど電化製品が増えていく予定なので、そこからどれだけ今の状態をキープできるかが、もっと節約できるところを探していくのが今の目標です。