私の家の光熱水費の節約方法♪

私の家の家族構成は、父親と娘の2人です。真冬時にかかる1か月の光熱水費の内訳は、ガス代3千円・水道代1万円・電気代5千円くらいです。まずガス代は、夏よりも500円くらい高くなっています。やはり真冬は毎日温かい料理を食べたいので、朝と夜はガスを使って料理を作っているので3千円台になっています。逆に夏は加熱した料理をあまり食べたくないので、ガス代が安くなります。真冬でもガス代を節約する為に、保温調理をするようにしています。

 

保温調理とは、ラーメンや蕎麦やうどんなどの麺類やブロッコリーや人参などの温野菜を作る時に、お湯が沸騰した時に麺類や野菜を入れて蓋をしてすぐに火を止めます。火を止めてから数分経つとラーメンや蕎麦やうどんなどの麺類がしっかりと茹で上がっていて、ブロッコリーや人参もちゃんと茹で上がります。そして煮物料理を作る時も、水と調味料と材料を鍋に入れて沸騰したらすぐに火を止めます。そして30分くらいそのままにしておくと、具材に調味料の味が染み込んで、自然と煮物料理が完成します。こんな風に加熱料理を作る時に、保温調理をしていると結構ガス代を節約することが出来るので良いと思います。
光熱費3

水道代を節約する方法は、お風呂に入る時にいつも半身浴をするようにして、あまりお湯の量を使い過ぎないようにしています。

シャワーを浴びるだけでは体の芯から温まることが出来ないので、やはり真冬は半身浴をしてたっぷりと汗をかくようにすると良いと思います。半身浴でも体が温まるので、真冬に水道代を節約したい時はお風呂を沸かす時にお湯の量を少なめにすると良いと思います。それから洗濯をする時も、半身浴をした残り湯で洗濯をするようにすると、水道代を節約することが出来ます。素朴な疑問です!毎日の光熱費はどうやって抑える?

 

それから電気代を節約する方法は、電気代がものすごくかかってしまう電気ヒーターをなるべく使わないようにすることです。

毎日のように電気ヒーターを使っていると、かなり電気を使うのか電気代が飛び跳ねたように高くなってしまいます。なので電気ヒーターをなるべく使わずに、暖を取るのは電気ストーブだけにするようにしています。

 

今後の光熱水費の節約方法は、もう少しパソコンを使う時間を減らそうかなと思っています。パソコンも毎日使っているので、一か月の電気代の中でパソコンの電気代もかなり占めていると思います。なのでなるべくパソコンを使う時間も減らしていこうかなと思っています。

 

トップへ戻る