小学生二人の我が家の光熱費

家族構成は私たち夫婦と、小学校低学年の男の子と中学年の女の子です。
夫は会社員です。
休みも少なく、毎日とても帰りが遅くなります。
私は家で仕事をしています。
真冬の各光熱費の料金の内訳を書きたいと思います。

 

ガスは16330円。
電機は15213円。
水道は5212円。
いずれも2月分です。

 

我が家はガスをとてもよく使います。

キッチン、お風呂、床暖房すべてガスです。
ガスファンヒーターも使っています。
冬場、天気の悪い日は浴室乾燥機も使います。
お風呂場が寒い日には浴室暖房も使います。
それら全て、ガスです。
ですから、夏場ガスは使わなくなるのでガス代は3000円以下になります。
いかに冬場がガスをよく使っているかがよくわかります。
子供と私は3人でまとめてお風呂に入りますが、夫はかなり帰りが遅いのでまた一から追い炊きをします。

 

電気代については真夏と真冬は同じくらいです。

やはり2月と8月が、1年の中で一番高くなります。
真夏はクーラーで高くなっているのはわかりますが、真冬が同じだけ高い理由が今一つハッキリとわかりません。
冬にはエアコンは全く使いません。
夫だけが寝る時に少しだけ電気ストーブを使っているのですが、それだけでそんなに高くなるものか不思議です。
別部屋なのでわかりませんが、一晩中つけていることはないと思います。

 

水道代は1年を通してだいたい4000円から5000円くらいです。

平均しています。
そんなに月によって変動はありません。

 

今後の対策についてですが、電気代が1番に下げたい項目です。

光熱費4
ガス代は真冬以外は十分に節約できていると思います。
それでも、少しづつ使う頻度を下げればまだまだ節約できると思っています。
しかし、真冬の電気代の節約方法がわかりません。

 

そんなに使っている自覚がないのに高いので、これは困ったものです。
一から電気代を考え直さなければならないと思います。
我が家はとてもリビングが明るいので夜になるまで照明もつける必要がないくらいです。
そうなると、一体何が影響しているのでしょう。

 

唯一、私が使う電気の暖房器具はコタツですがコタツはそれ程電気代がかからないと認識しています。
一度、我が家で使っている電化製品を書き出してみたいと思います。
冷蔵庫はもう14年ほど使っていますが、今は省エネの製品がたくさん売られているようです。
今度買い替える時は、その点もしっかり考えて購入したいと思っています。
水道代についても子供のシャワーの使い過ぎなど、まだまだ節約できる点はたくさんありそうです。
あまりキチキチしたくもないですが、しっかりと節約について考えていきたいと思います。
まずは、電気代の10パーセントダウンを目指して頑張りたいです。

 

トップへ戻る